施工・現場

施工へのこだわり

 

 

プランやデザインが決まったら、形にするのは現場監督の仕事です。

営業 ⇒ 設計 ⇒ 現場監督 ⇒ アフターメンテナンス

という形で、担当者がそれぞれ違うケースが一般的なやり方ですが、

我が社では、設立者である、社長と専務の経験で、営業をなくし、

一貫した形で一生のお付き合いをしたいと考えています。

我が社の現場監督は、現場が始まれば、現場の職人との打ち合わせや

お客様と打ち合わせをして、変更などにも対応し、施工図というもの

を書いて、より丁寧に説明できるようにします。

関わるすべての人たちが、自分の家だったら・・・という考えで取り組んでいます。

【エピソード】

職人さんは、めんどくさい手のかかる事を嫌がるものなのですが、ある職人さんに、こちらの要望を伝えると、より親切、より丁寧な提案をしてくれたので、「申し訳ないね。助かるよ」と伝えると、「長いローンを払うお客さんの気持ちになると、やってあげなきゃと思うんだよ」と・・・。

我が社の職人さんは皆、長いお付き合いの方ばかりです。

​いい職人さんに支えられて、いい家創りが出来る事を誇りに思っています。

現場へのこだわり

 

 

富士ホームズデザインの現場へのこだわりとは、いわゆるお客様の満足へのこだわりです。

 

我社は全員が現場監督なので、耐震についての工法や、仕上げ材の仕上げ方法、及び各材料の吟味など、技術的なレベルアップを常に考えています。

 

つまり設計を基に、より良い方法、より良い仕上げ方など、もっと良い住まいにできないか、と常に考えながら働いているのです。

 

我社では、基礎、木工事から、仕上工事間で、日本住宅保証機構・JIOのマニュアルに沿って施工しておりますが、そのマニュアル以上に大事なものが、各職人さん達のプライド、 そして私共監督のチェック能力です。

 

だめなものはだめと言い、やり直すというのも、実は腕のいい職人のプライドなのです。

 

お施主様の一生の幸せを考えて、安心できる家創りをお施主様の目の届かないところにまでこだわって、監督の下、全職人がプライドを持って、働いているのです。

 

余談ですが、こんな厳しいこだわりが良いのか、私共の職人さんは例外なく富士ホームズデザインで住宅を建てています。

 

みんな何件もの建築会社と付き合っている中で富士ホームズデザインを選択してくれるのです。

 

これだけで、富士ホームズデザインの現場でのこだわり、お客様の満足へのこだわりがわかっていただけるのではないかと思います。